読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏のはしり(その2)

f:id:katsuwonus:20160621072925j:plain


ちょっと脂が気になって、”イサキは酢飯が合うズラ”と思っていたが、旬だし、と思って刺身で食べたら美味かった。


釣りの方はメガディスを借用。メガディスといえば穂先の白い初代紫電を、これまた借りた記憶がある。なかなか良型のカンダイを掛けても、難なくやり取り出来たのを覚えている。


それから十数年?振り調子は軽快だし、文句なしじゃん、と粋がって高い竿を買っていたのを後悔した。と思って事情通の5150の漢に話したら、しなやかな胴に操作性の特色を訴える向きもあるそうな。


いやいやヲレごときには、文句のない調子ですよ、と今後は妙な先入観は捨てないとな、と反省した。しかしながら、イサキよりシャープな突っ込みを見せる魚とやり取りするのにちょっと絞ってみると、昔カンダイを掛けた時の感触が蘇ってくるのでありました。竿選びって、難しいんだなぁ・・・浮いてきたのはサンノジでしたけど。