読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12/10 石廊崎(その2)

f:id:katsuwonus:20161212195908j:plain


続きまして登場は、DXR エアチューンでございます。仕掛けをセットした第一印象は、太い、と。かといって、トーナメントのTと違ってゴツい感じはなく、軽快です。


実はこの竿、発売当時に借りて、ちょっとヲレには早いな、と思った記憶があります。それを今回、比較用に制覇の53を買って ♪ まで用意したのは、ある人が、この竿からダイワの胴は粘る様になった、と評していたから。話は前後しますが、早いな、と思ったのは、張りのある胴を生かす竿の扱いが出来ていなかった、という事でしょう。改めて魚を掛けてみると、自然に曲がる元上までを胴が支えているのか?と感じました。


磯は途中で、エボシからニッチョに変わりました。