牛すじ煮込み

f:id:katsuwonus:20180716182551j:plain


あきらかに味付けを間違ったのに、ビール煮は普通に美味しかったので、牛すじで煮込みを作ってみた。


ビール煮の方がうまかった

牛すじのビール煮

f:id:katsuwonus:20180716181655j:plain


本に出てたのは豚肉だったが、牛すじでもいけるだろうと見切り発車。タイム、ローリエ・・・各適量、と書いてあったので、大胆に入れたら、漢方薬局のお店の前を通った時の様な匂いがしてきた。そういえば、肉の量は減らしたのに、調味料はレシピ通りの分量だった様な・・・


煮込んだら、普通に食べられる味だった

えだ豆

f:id:katsuwonus:20180716165812j:plain


この季節はコレさえあればどうにかなる、鉄板メニューですな。


食べ物に甘味は期待していないので、スーパーで一番安く売っているのが最高。茹でてまだ熱いのを冷たいビールを飲みながらかじると、夏が来た気になる。

もつ煮込み

f:id:katsuwonus:20180716162556j:plain


牛すじ煮込みが全く期待外れだったので、煮込みはやっぱりモツか?と見かけたスーパーで反射的に購入。


今回は検索すると上位に出てくる、アサヒのレシピで作った。酒、ミソの後、醤油ときて、いやコレ味濃いだろう、こんなしょっぱいか?とみりんも減らしたら、煮込むと全然違う味になるし、呑むと濃い感じはないので(でもしょっぱい)やっぱり煮物は難しいな、と。


そんな訳で、技術革新に危機感を感じたタイヤメーカーがレストランガイドを出す、というのは、やはりミラクルを含んでいると感じたりする。

今日の旅(7/14)

f:id:katsuwonus:20180715080958j:plain

 

昼到着なので、選択に迷った。東京駅とは勝手が違いますな。

 

男の珍味シリーズに近い雰囲気を感じて、じゃあ飲むか、と手に取ったのだが不調。


f:id:katsuwonus:20180715083825j:plain


キティちゃん新幹線弁当を選んだかつお姫 甲は、お腹空いてない、冷麺はイヤ、と言うので盛楼閣はあきらめて白龍に連れて行ったら、バクバク食って、ちいたんたんもほとんど飲まれた。


かつお姫 乙によると、じゃじゃ麺は苦いそうだ

帰路(7/11)

f:id:katsuwonus:20180711173404j:plain


この数年は梅雨の時期に、もう夏だな、と思って梅雨明け、梅雨が明けた翌週は涼しくて、まだこれからだな、と季節の変わり目を実感していたのだが、昨日も今日も空に浮かぶ雲は夏の感じだった。季節はもう変わったか?


f:id:katsuwonus:20180711173905j:plain


最近は、駅でも本搾りが買えるのが良いです。